ニキビ予防に「カンゾウフラボノイド」

ニキビ予防に「カンゾウフラボノイド」

「シズカゲル」に含まれているカンゾウフラボノイドはマメ科のカンゾウ(甘草)の根・茎から抽出した天然のエキスになります。

 

カンゾウは甘草と書きますが主成分のグリチルリチンはショ糖の150倍の甘さがありお菓子や甘味料、醤油などに使用されています。
カンゾウフラボノイドは昔から鎮咳剤・解毒剤・鎮痛剤など薬として使用されてきた記録があります。

 

 

カンゾウフラボノイドの成分はサポニンのグリチルリチン、フラボノイド系のリクイリチン、イソフラボン系のリコリコンなどになります。

 

グリチルリチンは抗炎症作用があるのでニキビやお肌の炎症など肌荒れに効果があり、他に免疫力向上効果や肝機能を高める効果もあります。

 

フラボノイド系のリクイリチン、フラボノイドはポリフェノールの1つになるので抗酸化作用と抗菌作用があると考えられます。
抗酸化作用ではお肌の酸化させる活性酸素を抑えるので乾燥と老化予防に効果があります。抗菌作用ではニキビを抑えるので肌荒れに効果があります。

 

イソフラボンはフラボノイドの1つになり、カンゾウフラボノイドは肌荒れに効果があります。