「フラバンジェノール」化粧品!オールインワンおすすめ3選はこれだ!

おすすめオールインワン化粧品3選のご紹介の前に「フラバンジェノール」をご説明します!

最近話題の「フラバンジェノール」って?オールインワン化粧品との相性は?

 

「フラバンジェノール」という言葉を聞いたことがありますか?
「フラバンジェノール」は最近美容界で話題の成分の名前で、とくにオールインワン化粧品として人気が出ているものです。

 

フランスの南西部ランド地方の海岸に生育している海岸松の樹皮から抽出したポリフェノールが「フラバンジェノール」と名付けられました。紫外線と潮風の影響を受ける厳しい環境のなかで育った松は樹皮が丈夫で厚く、OPCというポリフェノールをメインとした豊富なポリフェノールを多く含有しています。

 

 

「フラバンジェノール」は美容への期待度が大変高く、ビタミンCの600倍やコエンザイムQ10の250倍の美容への期待があるといわれています。

 

ですから、メラニン色素の発生を抑えてシミ対策などの美白効果や、肌の老化を食い止める抗酸化作用、ぷるぷるのお肌を保つ保湿効果などに優れています。
化粧品としてだけでなく、サプリなどにも使われている注目の成分なんです。
エイジングケアに、紫外線ダメージ対策に幅広いニーズに応えられる万能成分といえるでしょう。

 

 

さて、「フラバンジェノール」を配合した化粧品といえば、オールインワン化粧品が多いのですが、それはなぜなのでしょう。

 

じつは、「フラバンジェノール」は他の美容成分と組み合わせることで、さらに美容効果をアップさせるのです。とくに、保水効果に優れているヒアルロン酸と組み合わせることで、肌のうるおいを保つ力ががコラーゲンの5倍、セラミドの15倍にも跳ね上がるのです!

 

そのため、「フラバンジェノール」を取り入れるのならたくさんの成分を肌に届けられるオールインワン化粧品で取り入れるのがベストなんですね。

 

 

そして、オールインワン化粧品のうれしい特徴として、さまざまな化粧品を肌に重ねる必要がないことが挙げられます。

 

夏の暑い時期に乳液→美容液→クリームというように化粧品を重ねなくていいのでらくちん!また、毎日忙しい子育て中のママさんなんかにも、オールインワン化粧品の手軽さはやみつきになるほど便利なものです。

 

しかし、手軽な反面、効果が分散して乾燥肌の方には保湿力の物足りなさを感じることもあるようです。

 

しかし「フラバンジェノール」配合のオールインワン化粧品なら、そんな心配もありません!

 

保水力&保湿力に優れた「フラバンジェノール」なら、皮むけしてしまうほどの乾燥肌や化粧品にぴりぴり感を感じる敏感肌の方でも満足できるようなオールインワン化粧品として、お肌のコンディションを良好に保ってくれるでしょう。

「フラバンジェノール」化粧品オールインワンおすすめ3選のご紹介!

商品名【シズカゲル】

シズカゲル

1本で5役のオールインワン化粧品

 

「シズカゲル」

 
シミ・シワ・毛穴・乾燥・肌トラブル…お肌のあらゆる悩みにお応えする「ヨクバリ美白」がウリの「シズカゲル」なら、いろんなトラブルを多角的にサポート!
お肌が一段明るくなり、内側から輝くような美白効果を実感できます。
 
注目成分「フラバンジェノール」と美白に優れた効果を発揮する「アルブチン」のWパワーが確かな実感をお約束します。
厚生労働省が医薬部外品として認めた高品質なオールインワン化粧品です。

 


 

⇒【シズカゲル】の商品詳細はこちら

商品名【フラバンジェノールジェル】

「フラバンジェノール」&「オールインワン化粧品」の草分け的存在!
 
「フラバンジェノールジェル」
 
年齢を重ねた肌の大きな悩みとなるのがシワやたるみ・くすみ。
高濃度の「フラバンジェノール」を配合した「フラバンジェノールジェル」なら、これひとつで対応できます!
 
「フラバンジェノール」と相性のよい「ヒアルロン酸」を組み合わせたオールインワン化粧品だから、保水力が桁違いです。
年齢肌にはとにかく保湿が大切ですから、フラバンジェノールジェルを使っていくとお肌がもちもちになると同時にシワやくすみも改善できるでしょう。

 


 

⇒【フラバンジェノールジェル】の商品詳細はこちら

商品名【シミトリー】

高い対シミ効果で若々しいお肌に!

 

「シミトリー」

 
日本で初となる、プラセンタの10倍もの効果を誇るオールインワン化粧品「シミトリー」は、フラバンジェノールをはじめとしたシミ対策に効果的な成分を贅沢に配合しています。
 
フラバンジェノールの保湿効果で消えにくいシミの原因となる乾燥も根本から解決して、本格的なシミ対策ができるようになりました。
 
乾燥が改善されるということは、肌がうるおいを増してエイジングケアにも効果的だということです。美白と同時にシワなどの年齢肌対策もできる「シミトリー」をぜひ試してみて下さい!

 


 

⇒【シミトリー】の商品詳細はこちら

 

フラバンジェノール配合化粧品「シズカゲル」でヨクバリ美白

 

シミだけじゃなくてシワも毛穴もケアしたい!
そんなよくばりなあなたには、フラバンジェノールを配合したオールインワン化粧品「シズカゲル」がぴったりです。

 

 

「めざましテレビ」といった人気TV番組やSNSなどでも大注目されている「シズカゲル」は、なんと医学誌にも掲載されているんです!それもそのはず、「シズカゲル」はアメリカ・ニューヨークで、美容にうるさい海外のセレブを納得させるケアができると評判のエステティシャンと同じくニューヨークで活躍中の皮膚科医が共同で開発したものなので、医学的にも根拠のあるケアができるオールインワン化粧品として仕上がっています。

 

 

「シズカゲル」の魅力としてまず挙げられるのが、シミの改善などの美白ケアだけでなく、シワや毛穴・乾燥・肌荒れという肌の悩みを多角的に改善してくれることです。

 

シミだけが改善されたとしても他の肌トラブルが残っていては本当に美しい美白肌にはなれません。

 

では、「シズカゲル」が多角的に美白にアプローチするためのこだわりの成分をみていきましょう。

 

「シズカゲル」のこだわり@シミを防ぐための成分

 

 

「シズカゲル」にはシミのもとになるメラニンの発生を抑えるために「フラバンジェノール」と「アルブチン」がダブル配合されています。
医学界でもその効果が話題となっている「フラバンジェノール」は、美白効果はもちろんシワなどのアンチエイジング効果にも優れています。「アルブチン」は美白成分としては有名で、このふたつの成分に「ビタミンC誘導体」も加えて肌トラブルや年齢肌に対抗します!

 

「シズカゲル」のこだわりA乾燥や毛穴対策のための成分

 

 

「フラバンジェノール」をはじめ、シア脂・セラミド・スクワランなど肌に優しい天然由来の成分が10種類も配合された化粧品なので、たくさんの肌トラブルにも対応できます。
また、「ビタミンC誘導体」は持続性と脂溶性の2種類を配合しているため、皮脂による毛穴の開き・年齢肌による毛穴のたるみ・メラニンによる毛穴の黒ずみという毛穴の悩みにもすべて対応できます。

 

「シズカゲル」のこだわりB敏感肌にもやさしい7種類の無添加

 

 

美白や肌トラブル対策のためにも、毎日続けて「シズカゲル」を使ってフラバンジェノールなど有効成分の効果を実感してほしい…
そんな願いから、「シズカゲル」は難しい技術である界面活性剤フリーを実現しました。ほかにもパラベンフリーやシリコーンフリーなど7種類の無添加にこだわり、肌のバリア機能を保ったまま、うるおいや美白作用が実感できるような化粧品となっています。

 

さて、「シズカゲル」の魅力として忘れてはならないのがフラバンジェノール入りの「オールインワン化粧品」ということです。

 

1本で化粧水から美容液やパックまでの機能があるので、いそがしい女性でも手軽に続けられるのがうれしいですよね。

 

オールインワン化粧品でよくある問題が、保湿効果が物足りないと感じる方が多いことなのですが、「シズカゲル」は保湿成分と相性のよいフラバンジェノールの効果や独自のモイストキープエマルジョン処方のおかげで、これ1本だけでもお肌が満足できる状態に!
「シズカゲル」を使ってみたくなるのも納得です。

 

 

そんな「シズカゲル」を購入するなら、ずっと40%OFFで送料無料となる定期コース「ヨクバリコース」がおすすめです。

 

 

「シズカゲル」は徹底して流通と広告の削減を行い、品質と価格へのこだわりを持ち皆様にご提供させて頂いております。
毎日使う物だからこそ、確かな品質でずっと続けられる価格にしております。

 

 

1本で5役のヨクバリ化粧品をぜひお試しくださいね!

 

 

⇒「フラバンジェノール化粧品」おすすめ3選に戻る

「フラバンジェノールジェル」フラバンジェノール配合化粧品の先駆け商品

 

お肌の老化を感じ始めたとき、どんな悩みを持ちますか?

 

透明感の低下・くすみ・たるみやほうれい線・小じわ・目元…エイジングのサインはたくさんあり、どれも改善したいものばかり。
おまけに、年齢を重ねたお肌は化粧品の浸透もいまいちで、せっかく高価な化粧品を使っても効果が出ないことが多いのです。

 

 

フラバンジェノールジェルは、エイジングケアに効果を発揮する成分として名高い「フラバンジェノール」を高配合したオールインワン化粧品なので、このフラバンジェノールジェルひとつで対処しにくい年齢肌のスキンケアが満足のいくものに変わります!

 

高濃度で配合したフラバンジェノールは、とにかくお肌を乾燥から守ります。

 

 

乾燥はシワやくすみ・たるみなど年齢肌の悩みにはつきもので、その乾燥を改善することでうるおいのある美肌を実現します。とくに、フラバンジェノールと相性のよいヒアルロン酸との相乗効果で驚かされるほどのうるおいパワーを発揮します。

 

 

年齢肌の必須成分であるコラーゲンの約5倍、保湿効果の高いセラミドのさらに約15倍というパワーで、乾燥からくる肌トラブルを撃退してくれますよ!

 

 

また、フラバンジェノールジェルにはマリンハーブを使ったビーズアミノ酸やアロエベラ葉エキス・オクラ果実エキスなどの天然の美肌成分が25種類も配合されていて、年齢肌のいろいろな悩みをサポートします。
気になる目元や口元にはとくに肌の奥まで美容成分が届くように、ナノカプセルにフラバンジェノールやヒアルロン酸・コラーゲン・ビタミンなどを閉じ込め、効率のよいスキンケアができるような化粧品に仕上がっています。

 

 

洗顔後にフラバンジェノールジェルだけというオールインワン化粧品というのもとってもポイントが高いですよね!
ぷるぷるとした感触のよいジェルを顔全体に行き渡らせたら、目元や口元など気になる部分に重ねづけするのもいいですね。
年齢がとくに出やすいといわれる首・デコルテにもぜひ使ってほしい化粧品です。
首はシワが目立ちやすく、それが老化肌を際立たせてしまうので、下から上へマッサージするようにケアしてみてくださいね。

 

 

フラバンジェノールジェルを購入するなら、通常価格は120g入りで7610円です。

 

フラバンジェノール高配合でオールインワンの化粧品なので、このお値段でも十分お買い得といえますが、毎日続けるにはお得に越したことはないですよね。

 

そこで、定期便で購入をオススメしたいと思います。

 

定期便は1か月コース・2か月コース・3か月コースとお届け間隔を選べて、毎回ずっと20%OFFの4272円で届けられます。1点から送料は無料で、条件の変更もいつでも可能なので気軽に試してくださいね。
また、お得な2個まとめ買いセットもあり、使い方によっていろいろ選べるのが便利です。

 

悩めるエイジング肌に、オールインワンでフラバンジェノールが浸透してくれる化粧品「フラバンジェノールジェル」でうるおいや透明感・ハリを取り戻していきましょう。

 

 

 

⇒「フラバンジェノール化粧品」おすすめ3選に戻る

シミ対策にはこれ!「シミトリー」フラバンジェノール配合の薬用化粧品

 

「シミトリー」はひとつで9役もの美肌効果を持つ、オールインワン化粧品です。

 

 

年齢を重ねると気になりはじめるいや〜なシミ。
美白効果をうたった化粧品は多数あり、使ってみている方も多いのではないでしょうか。

 

それでも減らないシミ、しかもどんどん増えているような気がしませんか。

 

 

シミ対策に効果があらわれないのは、乾燥が大きな原因となっています。

 

シミの直接的な原因はもちろん紫外線なのですが、肌が乾燥してバリア機能が弱くなっていると、シミができやすい肌質になってしまうからです。これはシワなどのエイジングケアも同じ。

 

 

だから、「シミトリー」は肌のうるおいを保つことに重点を置いています。
しっかりと保湿された状態のよい肌を作り、そのうえでシミなどの美白やエイジングケアに効く成分が届くようなオールインワン化粧品となっているのです。

 

 

うるおい美白をモットーとしている「シミトリー」はシミやシワなどが発生するメカニズムを研究し、フラバンジェノールをはじめとする濃厚な美白成分が肌の奥に届けられるように「球状ラメラ構造」という技術を開発しました。ラメラ構造は肌の内部の保湿構造と似ている構造なので、肌なじみがよく肌の奥まで化粧品の美容成分が浸透しやすいというわけです。

 

 

「シミトリー」の自慢の配合成分は、ビタミンCの600倍もの美肌効果をもつフラバンジェノール・ハリやツヤを導く天然ビタミンE・肌を乾燥から守るスクワラン・肌の透明感を高めるユキノシタエキスなど、天然由来の成分ばかり10種類にのぼります。
とくにフラバンジェノールは最近話題となっている注目の成分で、美肌への効果が期待できるでしょう。

 

 

これらの美容成分がオールインワンジェルとして配合されているので、手軽に使えるにもかかわらず効果は高級美容液に配合されているプラセンタよりも10倍高く、保湿・浸透力・水分保持機能がとても高いフラバンジェノール化粧品として仕上がりました。

 

 

また、医薬部外品で肌によくない成分は無添加の7つのバリアフリーで、ピリピリ感を感じやすい敏感肌の方をはじめ、すべての肌質の方に使っていただけます。乾燥肌が改善されることにより美白効果も高まり、毛穴やシワも目立たなくなりますよ!

 

 

さらに、シミトリーは「医薬部外品年間承認数1」学会誌にも掲載されているほどの信頼度なのです!

 

 

美白&美肌に効くフラバンジェノールを高配合した化粧品「シミトリー」であなたも美肌を実感してみませんか?

 

医薬部外品・薬用オールインワンジェル「シミトリー」は1か月ごとに定期的に届く「うるおい美肌コース」で購入するのがお得です。
初回は26%OFFの3685円という手軽な価格なのに、高品質なオールインワン化粧品が手に入るのですからうれしい限りです。
うるおい美肌コースなら2回目のお届けからもずっと20%OFFで購入できるので、毎日のスキンケアにぜひ「シミトリー」を取り入れてみてくださいね!

 

 

 

⇒「フラバンジェノール化粧品」おすすめ3選に戻る

年代別お肌の悩みランキングと対策!

 

 

女性は、いつの時代もキレイでいたいと願うものです。だからこそ、肌の悩みは尽きることがありません。

 

早い人は10代から、そして、ほとんどの女性が20代には自分の肌に対して何かしらの悩みを持っています。そして、30代、40代と年齢を重ねていくにつれて、悩みのポイントは変わってきます。鏡を見るたびに、自分の肌が気になって気分が暗くなってしまう、なんてこともあるのではないでしょうか。けれど、そういったお悩みは決して自分だけのものではなく、他にもたくさん肌に悩みを抱えている方がいらっしゃいます。そのお悩みの原因はどのようなもので、対処法にはどういったものがあるのか、それを知っていくことはご自分の肌にとって非常にプラスになります。

 

肌の悩みを世代別にみてみると、

 

20代
1位 ニキビ・吹き出物 
2位 毛穴の黒ずみ 
3位 毛穴の開き 
4位 目の下のクマ 
5位 乾燥

 

30代
1位 シミ
2位 毛穴の開き
3位 毛穴の黒ずみ
4位 乾燥
5位 ほうれい線

 

40代
1位 シミ
2位 肌のたるみ
3位 ほうれい線
4位 毛穴の開き
5位 シワ

 

50代
1位 シミ
2位 たるみ
3位 ほうれい線
4位 シワ
5位 肌のくすみ

 

と、このような結果になります。
やはり年代によって肌の悩みの内容は変わってくるもので、20代と50代では当然ですが全く違ってきますね。

 

 

20代の肌の悩み第1位は、やはり「ニキビ・吹き出物」です。

 

この結果には皆様納得なのではないでしょうか。
多くの方が悩まされたことがあるであろうニキビ・吹き出物ですが、実はその原因は多岐にわたります。

 

10代のころ、思春期にできるニキビは、皮脂の分泌が過剰になることで起こります。10代は成長ホルモンの分泌が盛んになるので、皮脂が毛穴に詰まりやすくなってしまい、そのためニキビのできる場所もおでこ、鼻、頬などの皮脂分泌の多いところに集中します。

 

それと比べて20代からのニキビは、口の周り、あご、首などにできるようになってきます。
それは、ニキビができる原因が10代とはガラリと変わってしまうからなのです。

 

大人ニキビの原因とは!

 

@不規則な生活で暴飲暴食が続き、食生活のリズムが乱れてしまって胃腸に負担がかかることで、うまく消化が出来なくなり、分解、解毒できなかった毒素が原因となって出来てしまう。

 

A過剰なストレスのせいで自律神経が乱れてしまい、ホルモンバランスが乱れてしまったり、免疫力が低下してお肌にダメージを与えるせいで出来てしまう。

 

B睡眠不足のせいでお肌のターンオーバーが出来なくなったり、自律神経が乱れて皮脂の分泌量が増えるため出来てしまう。

 

C便秘のせいで体の中にある老廃物がなかなか排出されないため出来てしまう。
等が原因として挙げられます。規則正しい生活を心がけ、栄養バランスの良い食事をし、出来るだけストレスをためず、睡眠不足を防ぐ。など、出来るだけ体に負担をかけずに生活することが、大人ニキビを防ぐ秘訣ともいえます。

 

 

⇒「フラバンジェノール化粧品」おすすめ3選に戻る

 

シミの種類とケア方法!

 

20代の肌の悩み1位はニキビ・吹き出物でしたが、30代から50代までの肌の悩み1位はなんと全て「シミ」によるものでした。顔にシミがあるととにかく目立ってしまうので、お化粧で隠せるうちは良いですが、だんだんと濃くなると、鏡を見るたびに気になってしまうものです。
シミには色々な種類があります。自分でケアをして消すことの出来るシミと、セルフケアでは消せないシミがあるのです。シミをケアするときは、まずシミのタイプを知ることが大事です。

 

〇セルフケアで消せる(可能性がある)シミ

 

@老人性色素斑(日光黒子)
このシミは、最も多いタイプのシミで、紫外線の影響でできます。こめかみ、額、頬などによくできるシミで、肌に長年蓄積されていたメラニン色素がターンオーバーを経て出てくることが原因です。
このタイプのシミは、お肌のターンオーバーによって古い角質ごとシミをはがして消す方法をとることで改善できます。ピーリングや、新陳代謝を高める作用を持つ馬油を使ったお手入れが有効です。また、「ハイドロキノン」「ビタミンC」は、メラニン色素を白くしてくれる還元作用のある成分ですので、ハイドロキノン配合の化粧品を使うことや、ビタミンCを積極的に摂取することも効果的です。

 

A炎症性色素沈着
虫さされ跡、ニキビ跡、傷跡などがシミになってしまったもので、肌が弱い人にできやすいシミです。こちらにも、「ハイドロキノン」「ビタミンC」が有効ですが、シミの状態によってはセルフケアで対処できない場合もあります。

 

〇美容医療などのアプローチが必要なシミ

 

@雀卵斑(そばかす)
遺伝によるものが多く、年齢とともに増加したり、紫外線の影響で濃くなることもあります。形や大きさは不規則で、淡褐色をしています。

 

A肝斑(かんぱん)
鼻の下、額、頬骨の部分に左右対称にできます。30〜40代の女性に多く、女性ホルモンの関係でできると言われています。

 

B光線性花弁状色素斑
大量の紫外線を短期間で浴び、強い日焼けをしてしまった時、花びらのようなシミができてしまうことがあります。色白の方に多いです。

 

C脂漏性角化症
シミが角化してしまい、イボ状に隆起したシミのことで、だんだん分厚くなっていきます。レーザー治療を必要とします。

 

D遅発性両側性太田母斑
生まれつき、頬や目のまわりなどにある茶褐色、または青あざのようなシミのことで、日本人に多いと言われているシミです。
これらのシミはセルフケアでは消せないので、美容医療を利用することが必要です。ただ、レーザー治療にはほとんどの場合保険適用が無く、費用が高額になってしまうことや、肌のトラブル、再発のリスクもあることを留意しておくとよいでしょう。
皮膚科などの医療機関で処方されるハイドロキノンやトレチノインなどが含まれた塗り薬もシミには効果的です。

 

⇒「フラバンジェノール化粧品」おすすめ3選に戻る

 

各年齢層でランクインの毛穴の悩み!

 

 

50代以外の年齢層全てで、毛穴の悩みがランクインしているのも注目すべき部分です。
すっぴんの状態で、自分の毛穴を見てうんざりしてしまうという経験のある女性もたくさんおられるのではないでしょうか。

 

世の中には様々な毛穴ケアのやり方がありますが、美容の世界の中でも特に毛穴の悩みに関しては、誤った情報がたくさん飛び交っています。間違った毛穴ケアをしてしまうと、ただただ毛穴を広げるだけになっていることもあるのです。

 

毛穴ケアには、やってはいけないものがいくつかあります。

 

毛穴パック、洗浄力の強い洗顔料を使うこと、「毛穴汚れごっそり」タイプのクレンジング、洗顔ブラシ、重曹・スクラブ・酵素を使った角質ケア。なんとこれらは、毛穴の黒ずみには逆効果になってしまうのです。

 

毛穴の角栓、黒ずみが出来るのは、ただ汚れがたまっただけという単純なものではなく、もっと根本的に解決しなくてはいけない原因があります。

 

まず、毛穴が開くのは肌が乾燥している為です。肌は乾燥すると、風船がしぼむようにしぼんでしまいます。毛穴というのは「肌と肌の隙間」であり、肌の水分量が多いと肌がふっくらして厚みがあるので毛穴が隠れるのに対し、乾燥によってしぼんでしまうと厚みが無くなり、毛穴が目立つようになります。

 

また、黒ずみが出来るのも同様に肌の乾燥によるものです。肌が乾燥すると、肌の表面の角質がはがれ、毛穴の開口部の肌がガサガサになります。すると、そのガサガサした部分に皮脂などの油汚れがこびりついてしまい、それが空気に触れることにより酸化し、黒く変色します。それが毛穴の黒ずみなのです。しかも、肌トラブルはそれだけで終わらず、段階が進むと「角栓」が詰まるようになります。肌が乾燥して毛穴の周りの角質がはがれると、それは皮脂と合体してダマになり、毛穴に詰まってしまいます。これが角栓の正体なのです。

 

これらのことから分かるように、毛穴の開き、黒ずみ、角栓は、「肌の乾燥」によって引き起こされています。

 

乾燥が、全ての元凶だったのです。ですので、黒ずみや角栓を汚れのせいだと思ってしまい、執拗に肌を洗い続けたりすると、洗えば洗うほど悪化してしまう、という事態になりかねません。

 

ですので、毛穴の悩みを解決したい場合は、とにかく肌の乾燥を改善させることを考えましょう。それには、クレンジングと洗顔選びも重要になってきます。様々なクレンジングがありますが、クリームタイプのクレンジングが圧倒的に肌が乾燥しにくいので、クレンジングにはクリームタイプがおすすめです。乾燥しにくいだけでなく、毛穴から汚れを浮かせる力も高いです。

 

そして洗顔料には、刺激を抑えて作られた、肌に優しいタイプの固形石鹸が良いです。毛穴汚れが落ちるというアピールをしている洗顔料は、お肌に優しくないので、毛穴ケアには逆効果なのです。

 

洗顔が終わったら、保湿力の高い化粧水やクリームで肌の乾燥を防ぎましょう。セラミド配合の化粧品は、抜群の保湿効果を発揮してくれ、おまけに毛穴を目立たなくさせる効果も期待できます。

 

こうして正しいケアを時間をかけて行うことで、毛穴の悩みをしっかり解消していきましょう。

 

⇒「フラバンジェノール化粧品」おすすめ3選に戻る

 

ほうれい線が出来る原因と対処法!

 

ランキングを見ていると、「ほうれい線」のランクインも気になります。ほうれい線は30代で5位、40代で3位、50代で3位にランクインしています。ほうれい線は、加齢とともに誰にでも現れるものですが、それでも出来ることならどうにかしたいと思っておられる方も少なくないと思います。

 

〇ほうれい線の出来る原因

 

@肌の乾燥
肌は乾燥すると、たるみが進行します。たるみが軽度なうちは、毎日のお手入れや生活習慣を改善することで肌のハリを取り戻せる場合もありますが、きちんとケアせずほおっておくと、乾燥が慢性化し、頬のたるみが進行することによりほうれい線が目立ち、消えにくくなってしまいます。

 

A紫外線
UV‐Aという紫外線は波長が長く、肌の表面だけでなく奥の真皮まで届きます。そうすると、皮膚の弾力に関わるエラスチンやコラーゲンの量が減るため、皮膚の老化が進み、ほうれい線が深くなってしまいます。

 

Bむくみ
顔がむくむと、むくんだ箇所が重くなり、肌がたるみます。そのせいで、ほうれい線が目立つようになってしまいます。むくみとは、冷え、血行不良、塩分過多などが原因で起こります。冷えを防ぎ、適度な運動で血行不良を改善し、むくみがなくなると、それだけでずいぶんほうれい線はすっきりします。

 

C偏った食生活
食生活の偏りは、お肌に非常に悪い影響を与えます。外食、レトルト食品、コンビニ弁当が多い人は、本来肌に必要とされているビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養素が不足し、肌荒れがひどくなってしまいます。

 

D喫煙
喫煙は、体中の毛細血管を収縮させ、血行不良を起こします。すると皮膚に栄養がいかなくなり、肌が急激に老化してしまいます。

 

E加齢
人がどうしても抗えないのは加齢です。ですが、きちんとお肌のケアをし、生活習慣を改善することで加齢の影響は遅らせることが可能です。

 

〇美容医療によるほうれい線の治療には、主に3種類の方法があります。

 

@注射
ヒアルロン酸を直接ほうれい線に注射して、皮膚の下から持ち上げ、シワを無くします。ヒアルロン酸注射はほうれい線に効くだけでなく、他のシワやたるみの改善にも即効性があると言われている、実績のある方法になります。

 

A照射
照射は注射よりも顔全体に効く方法で、持続性もあります。顔に高周波を照射して人為的に火傷を作り、本来肌が持つ傷を治す力を活性化させ、コラーゲンを強制的に作らせるのです。高周波は、光やレーザーでは届くことの出来ない真皮層まで到達します。即効性は無いですが、すぐに肌のハリやツヤを実感することが出来ます。

 

B糸の埋め込み、切開
皮膚に針で穴を開け、皮下組織に特殊な糸を挿入します。糸の反発力を利用し、皮膚を持ち上げる方法になります。この方法は、皮膚を切らずに即効性が得られる治療方法です。糸を使って皮下組織に刺激を与え、コラーゲンの再生を助けることによりリフトアップ効果が期待できます。糸は、最新のものはつっぱらず違和感のないもので、筋肉に合わせて動く性能の良いものが使われています。
耳の周りを切開して皮膚の下にある表在性筋膜を持ち上げるという手段もあります。切開というと少し怖いですが、一度治療すると10年ほどの持続力があります。

 

美容医療にはこのような方法がありますが、やはり費用もかかるものなので、顔の筋肉を鍛えるという方法もあります。調べると色々とマッサージや運動の手段はありますので、試してみると良いでしょう。

 

肌の悩みは女性にとって、ずっと付きまとってくるものです。ですが、その悩みの原因を知り、根本的な解決を目指すことで、ずいぶんと改善できるのだということが分かります。なにかしらの肌トラブルを抱えてしまっても、あきらめずに解決方法を探り、きれいな肌を目指してほしいと思います。

 

⇒「フラバンジェノール化粧品」おすすめ3選に戻る